JQA地球環境世界児童画コンテスト

第20回応募要項

テーマ

どちらかを選んで描いてください

① 私たちの未来と地球

私たちの未来の地球を想像してみよう!

② 私の好きな地球

あなたの好きな地球の自然と生き物たちの暮らしを描いてみよう!
応募資格
小学生·中学生
締め切り
2019年5月31日(金) 当日消印有効
応募規定
用紙: B4版(257ミリ×364ミリ)または八ツ切りの画用紙
画材: 水彩·パステルなど自由
注意事項
  1. 応募申込票を印刷し必要事項をご記入の上、画用紙の裏に貼り付けてください。
  2. 作品は必ず自分で描いたもので、未発表のものに限ります。
  3. 応募作品は原則としてお返しいたしません。
  4. 応募作品の著作権はJQAのものとし、広報及びプロモーションの目的で印刷物、Webへの掲載に使用することがあります。
  5. 学校単位の応募はできるだけまとめてお送りください。
  6. 文字の入っている絵(ポスターなど)は審査の対象にならないのでご注意下さい。
応募先
〒104-8691 東京京橋郵便局私書箱264号
JQA地球環境世界児童画コンテスト事務局
発 表
2019年8月頃コンテストホームページにて
最優秀賞 …1名
国内: 特別賞…5名 入選…20名
海外: 特別賞…7名 入選…40名
参加賞: 全員 (12月上旬頃より順次発送予定)
審査員
絹谷 幸二 画家·東京芸術大学名誉教授、他5 名

スケジュール

2019年5月31日 応募締め切り
6月上旬 第一次審査
6月下旬 最終審査
(入賞者の方には6月下旬にお知らせします。)
8月上旬 コンテストホームページにて入賞者発表
12月下旬 参加賞発送

作品集をご希望の方は

第20回優秀作品集をご希望の方は、「作品集を希望する」と応募申込票に明記してご応募ください。コンテスト終了後、参加賞と一緒に発送します。

なお、第19回以前の優秀作品集をご希望の方は300円切手を同封の上、事務局へお申し込みください。

さまざまな生き物たちが暮らす地球。

みんなが大人になるころ、
そしてもっと先の未来には、
どんな地球が待っているでしょう?

私たちが暮らす地球には、山や野原、海や川など、たくさんの自然が広がり、
その自然の中にはさまざまな生き物たちが暮らしています。
あなたのお気に入りの場所や風景はありますか?
その素敵な景色を未来へ残すために、私たちにできることを考えてみましょう。

地球で暮らす仲間たち

地球にはどんな生き物が暮らしているでしょう?草原を走るライオンや、空を飛び回る鳥たち、寒い場所で生活するペンギンの群れ、広い海を泳ぐクジラ、葉っぱに隠れたテントウムシなど、きっとたくさんの生き物たちの姿が思い浮かんだのではないでしょうか。大きな動物から小さな虫たちまで、みんな私たちと同じように地球で暮らす、大切な仲間たちです。

私たちにできること

人間の生活を便利にするために、森の木を切ったり、車やバイクの排気ガスで空気を汚したり、汚れた水を川や海へ流したりしたことで、自然は少しずつ壊され、生き物たちの暮らす場所はどんどん失われてしまいました。地球で暮らすすべての生き物や自然を守るために、私たちが環境を良くする努力を続けていかなければなりません。

私たちを囲む自然

小さな花を咲かせる草花や、おいしい果物 を実らせる木々、海や川、湖で水遊びをしたり、山でハイキングやスキーを楽しんだり。私たちは、食べ物や水、空気など、毎日自然の恵みを受けて生活しています。でも、私たちの暮らしが便利になるにつれ、この自然が少しずつ失われていることを知っていますか?

未来の地球のために

みんなが大人になるころ、地球はどんな姿を見せてくれるでしょうか?お気に入りの場所や風景は同じように広がっているでしょうか? 10 年後、20 年後、そして100 年後の未来に、さまざまな生き物たちが安心して暮らせる素晴らしい地球を残していくために、今ある環境を大切にして、美しい地球を守っていきましょう。

ごあいさつ

木村 泰政
UNICEF東京事務所
代表 木村 泰政

前回の第19回JQA地球環境世界児童画コンテストには、過去最多の98の国・地域から14,209点もの応募がありました。第20回の今回は、さらに多くの国から沢山の応募があることを期待します。この素晴らしいコンテストの主催者である一般財団法人日本品質保証機構(JQA)と国際認証機関ネットワーク(IQNet)に、UNICEF(国連児童基金)を代表して心よりお礼申し上げます。
例年と違い、今年のテーマは「私たちの未来と地球」「私の好きな地球」の2本立てになっています。どちらか一つを選ぶことも、どちらのテーマにも合うような絵を描くこともできると思います。イマジネーション溢れる多くの子どもたちの作品に出会うことが楽しみでなりません。
UNICEFは今年9月24日に国連本部で開催されたハイレベル・イベントで、世界のリーダー達と共に「ジェネレーション・アンリミテッド(無限の可能性を秘めた世代)」という新しいパートナーシップを発足させました。これは、より良い世界への希望を若者たちに託し、2030年までにすべての若者が質の高い教育、技能研修、または雇用を得られるようにすることを目標としています。未来を担うのは子どもたちと若者です。絵を通して聞こえてくるメッセージをしっかりと受け止めて、すべての子どもたちと若者が生まれ持った可能性を十分に発揮できる世界を目指して、UNICEFはこれからも活動を続けてまいります。未来への希望と地球への愛を込めた作品を、世界中のこどもたちが応募してくれることを、心から楽しみにしています。

お問い合わせ先:
〒104-0045 東京都中央区築地2-7-12 山京ビル303
JQA地球環境世界児童画コンテスト事務局
TEL 03-3546-3631